相続に関する相談

トップイメージ

相続に関する相談は誰にすれば良い?

相続に関する相談 少子高齢化社会が進む中、相続の問題は避けて通れない人生の節目です。
何も残さなければ全く問題ありませんが、それまで住んでいた家、貯金や家財道具に至る迄、人1人亡くなるという事は少なからず財産が残ります。
万が一知らない間に借金があった、と言うケースは相続放棄すれば借金を背負う義務はなくなります。しかし、この場合家屋土地一切の相続が出来なくなる事は覚えておきましょう。
また、相当額の財産を残して親が他界したケースは、生前の親の意向が遺書と言う形で残っているか否かがスムーズな相続の入り口になります。全く遺書もなく、弁護士や税理士に相談もしていない場合、法律にのっとって妻及び子供で均等に分配されます。トラブル回避の為には生前の対応が大きく影響します。兄弟全員集めて、自分の意思を明確につたえ、トラブルに発展しない為にも法律に詳しい専門家立ち会いの下、書面で残すとより安心です。弁護士立ち会いの下で作成された遺言書は何よりも協力な権威があり、裁判を持ってしてもその内容を覆す事はほぼ不可能です。
仲良きことは美しきかな、故人を皆で偲ぶ余裕を持った人間関係を築き、気持ち良くその後の付き合いが出来るよう、皆で理解し合う必要があります。

相続では介護費用をあらかじめ計上

相続は、突然開始されることも多く、遺言が残されていない場合には、兄弟間で思わぬ争いが起きてしまうこともあります。親族間で円満な関係を保ちつづけるためには、お互いに少しずつ譲り合う気持ちを持つことや、相続が発生する前から遺言などを残してもらえるよう、生前のうちから親御さんに働きかけておくことが望まれます。
兄弟の数が減少するにつれて、家族の中で一人に介護の負担が重くのしかかるケースが増えてきています。
主に介護を担ってきた人にとっては、介護をしてきた分、少し多めに相続したいというのが本音ではないでしょうか。
しかし、遺言が残されていない状態で、相続が始まると、介護での貢献が考慮されないこともあります。介護を担ってきた人が不公平感を抱かないためには、介護がスタートするときから備えておくことがポイントと考えられます。
介護にかかる費用は、基本的に親御さんのお金から支出することとし、介護に通うために必要となった交通費などの費用も、その都度負担してもらうようにするのがおすすめです。
兄弟の中で、金銭面・肉体面の負担が偏ることがないよう、父母・兄弟を交えて、率直に意見を交わしておくことで、トラブルを未然に避けることができます。

注目サイト

不動産 姫路
オフィスレイアウト
卓上カレンダー
自習室 新宿
サッカーユニフォーム オーダー
札幌 セルライト
熊本 中古車
街コンを大阪で検討

Last update:2018/12/7

知っておきたい相続問題