代理人と登記について

トップイメージ

相続に関係する代理人とは

相続なんて自分自身でやるものだと思う人が多いものです。特に初めて相続を体験する人などはそのように思う人が多かったりします。確かにこれは自分自身で手続きなどを進めていって最終的に完了することができるでしょう。
しかし初めてそれをする人にとっては膨大な時間がかかったり、相続人間でトラブルが発生した場合に対応する方法を間違えてしまったり、そうそう簡単にはスムーズに出来るものでは無いことがあります。
相続の代理人 こういった場合にそういったことを解決してくれるのが代理人です。代理人には弁護士とか司法書士とか行政書士とか税理士とか、このような法律的な専門家が代表的なものです。
このような人たちに頼むことで法律的な手続きをスムーズに進むことができて、トラブルが発生した場合などでも円滑に解決する方法を考えてくれ、場合によっては代理人として相手方と交渉することでそのトラブルを解決してくれるものなのです。このように自分自身でできない場合など必要に応じてその専門家に頼むと良いでしょう

相続に登記が必要?

日常生活で普段暮らしていても、相続というのはそうそう簡単に体験するものではありません。
いざ発生すると一体何をどうすればいいのかわからないことが多いものです。何回か体験している人ならともかく、そうでないならば何をすればいいのかさっぱりわからないものです。
単純にやらなければならない事を考えてみると、銀行間系のお金の相続財産を引き継ぐことが考えられます。これであれば銀行などに確認をして、その手続きを教えてもらえばそれなりにちゃんと出来るかもしれません。
お金に関することはこれでほぼ大丈夫、と思われてしまかもしれませんが、最も重要なことの1つで家を相続するということがあることを忘れてはいけません。
家を引き継ぐ場合には登記が必要となり、これを忘れてしまうことが多かったりするので注意が必要です。この登記の手続きは自分ですることもできますが、司法書士などの専門家に頼んですることもできます。失敗は許されないような場合などはこういった専門家に頼むと良いでしょう。
相続にはお金の手続きだけではなく家の手続きも必要となることを忘れないようにしましょう。

おすすめWEBサイト 5選

最終更新日:2018/4/9

知っておきたい相続問題