アドバイザーと必要な書類

トップイメージ

相続に関する疑問や悩みに答えるアドバイザーとは

誰かが亡くなるのは心が引き裂かれるほど悲しいことではありますが、その瞬間から遺族には相続手続きの必要性が生まれます。
特に不動産やお金といった資産を数多く遺して亡くなられた場合には、それを遺族で分割しなければならず、こういった過程で多くのいさかいが生まれたり、あるいはちょっとした手続きに関する知識の差が税額の大幅な変化に結びついてしまいます。こんな時に相談に乗ってくれる貴重な存在が相続アドバイザーです。
相続アドバイザーとは、亡くなった方の銀行口座の解約方法や不動産の登記方法をはじめ、民法における規定や税額の計算方法やそのルールなど、あらゆる知識を身につけた人のことで、多くの金融機関の相続関連業務の担当者は検定試験などの受験している場合も多いものです。
遺族が資産の処理について相談することはもちろんのこと、本人の資産について生前にどのような準備を行っておけば家族に迷惑をかけないかといった悩みや相談にも丁寧に応じてくれます。

相続に必要な印鑑証明書の入手方法

印鑑証明書の入手方法 相続問題で、遺産分割協議書を作成するためには、印鑑証明書の送付と実印を捺印するようにというのが一般的です。では印鑑証明はまず登録をして置くことが必要です。
近所のはんこ屋などで印鑑を用意しておきます。三文判など印鑑によっては登録できないので、手持ちの印鑑が登録できるかどうか確認しておくことです。
印鑑が用意出来たら、指定された写真付きの身分証明書を持って、役所へと足を運びます。役所の窓口で申請書類を提出すれば、内容に不備がない限り5分から10分程度で受理されます。するとカードが発行されるので、パスワードを設定して手続きは完了です。印鑑証明を交付してもらうためには、発行してもらったカードと手数料を渡せば、証明書をもらうことが出来ます。
証明書をもらえるのは役所だけでなく、コンビニエンスストアでも入手が可能です。
申し込んでから証明書をもらうまでは、数分で出来ますから、相続問題の協議で忙しくても、入手することは難しくありません。

Favorite

遺骨ペンダントを作る

Last update:2017/5/26

知っておきたい相続問題