相続の按分割合と税金

トップイメージ

相続の受取人には税金がかかります

親の財産を相続する受取人には税金が掛かります。これを相続税と言いますが、この税金は財産を受け取った人が必ず支払わなければいけないとされているものです。
自分の親の財産で他から稼いだお金ではなく、また親はそのお金を稼ぐ際に所得税を支払っているのですでに税金を支払っていると考える人も少なくないと思いますが、親から引き継ぐ財産に対しては税金がかかるのが日本の決まりとされています。
その主な理由としては、一時期に多額の財産を手にすることは所得を出来るだけ平均的にするという日本の国の有り方によるものです。
日本の国では、大きな額を稼いだ人はそれだけ多額の税金を支払わなければならないという決まりになっているのです。
但し、この場合には一定の金額までは税額が控除されることになっており、一定の金額までは税金が免除されることになっているので受取人が損をするという形にはならないので、一般の人はあまり心配することはないものです。

相続の按分割合は法定事項でも揉めます

相続の按分割合は法定事項でも揉めます 相続の按分割合は、基本的にはと法定事項で決まっており、配偶者が2分の1、子供が残りの2分の1を子供の人数でわけることになります。
以前は非嫡出子は嫡出子の2分の1のカウントで財産を分けていましたが、婚外の子供つまり愛人の子供であれ子供には変わりなくので、この分け方は憲法違反とされ民法が改正になりました。
このように按分割合は法定事項ゆえにそのとおりにわければいいですが、実際の相続ではこのきまりの通りうまくわけることが難しくたいていの場合には、紛糾します。
この紛糾を防ぐには最もいい方法は遺言書を残して、死者の遺志としてしっかりと表示して按分割合を定めておくべきです。
遺言書には各相続人は故人の遺志である以上拘束されますのでそこに記載ある事項には基本的に抗弁できません。但しこの抗弁を完全に封じ込めるためにも公正証書遺言で行うほうがいいです。
公正証書は公証人役場にて公に文言に間違いないことを証明して作成するものなので偽造もなく本人の意思を明確に残すものになります。

Valuable information

和不動産 評判

2018/2/2 更新

知っておきたい相続問題